田村潔司×高阪剛(1998年6月、東京ベイNKホール)

今でこそMMAといえばOFGを付けた試合が定番です。しかしひと昔前、競技化への試行錯誤の時代は、いわゆるUWF系による模索がおこなわれてきました。
 
今のMMAと異なる点は、
 
・OFGをつけない
・原則パウンドはなし
・レガース、膝パット着用
・ロープエスケープ、ダウンは5回まで
 
といったところですね。
 
 
で、とくにリングスの場合は、KOK以前は寝技における打撃は全面的に禁止されていました。
 
そしてこういう場合どのような試合展開になるのかというと、とにかく絶え間なく動き続けるプロセスが展開されていきます。
 
いわゆる回転体と称されるムーブですね。
 
寝技での打撃がないので、パウンドを恐れることなく、さらにマウントを取られてもそれは決してピンチにならず、そのため、果敢にアタックを仕掛けることができます。しかもロープエスケープありですので、さらにリスクが減ります。
 
 
そしてその顕著な試合が、90年代後半の田村×高阪の試合ですね。Uやリングススタイルの真骨頂というか、技の応酬と両者のスキル、30分間最初から終わりまでの展開が最高です。
 

 
今となっては総合でパウンドがある、グローブを付けるのは当たり前となっていますが、その過程で上記のような素晴らしい試合があることを忘れてはならないと思います。

橋本真也×中野龍雄

新日本とUインターの対抗戦。興行半ばに組まれた試合です。
 
この二人、おそらくUWFが新日本へ出戻りの期間に、対戦経験があるかもしれません。お互い若手時代ですね。
 
で、蹴りを主体とする橋本の試合スタイルは、多少Uスタイルと似てる部分もありますし、何というか体躯もお互いそっくりですよね。
 
 
ただ実際二人が向かい合えば明らかですが、身長体重共に橋本の方が上です。
 
そこらへんを考慮すると、やはり打撃は橋本の方が数段重かったはずです。
 
 
ところが中野という選手は、良い意味でふてぶてしく、どんなにデカい相手が来てもひるむということをしません。過去に前田日明しかりスーパーベイダーしかり。
 
逆に中野のようなタイプの選手は、自分よりも小さくてすばしっこい選手は苦手なんじゃないかと思いますね。
 
 
ということで橋本の打撃が重くとも、中野はそれほど苦手意識は感じなかったんじゃないかと思います。
 
 
逆に橋本の方が、なんだかんだ言ってIWGPを戴冠した実績もあり、自分の強さという部分をしっかり見せないといけないという、要するにプレッシャーがかなりあったんじゃないかと思うんですね。
 
 
そしてそのせいか、解説席の猪木から多少のダメ出しを喰らってしまうというw
 
 
勝敗こそ橋本の勝ちでしたが、自分は中野よくやった!的な試合でした。
 
 
 
 

朝倉未来×ダニエル・サラスの感想など

さて2月21日にRIZIN浜松大会が開催されました。
 
2020年初のRIZIN。みなさんはどのようにご覧になったでしょうか。
 
 
管理人の注目はやはり朝倉未来。
 
 
今回、じつは朝倉海選手が出場予定だったらしいのですが、怪我がまだ治らないらしく、「じゃあ俺がやる」と未来選手が立ち上がったという流れがあります。
 
 
そして気になる対戦相手は、ダニエル・サラス選手。
 
それほど実績や名前のある選手ではないので「誰?」と思ったファンもたくさんいたことでしょう。
 
 
特徴としては手足が長く、わりとトリッキーな動きをする選手。どちらかというと打撃系。
 
試合前に入ってきた情報ではこんな感じでしたね。
 
 
ただ未来選手も「1RでKO」すると宣言していたように、やや格下の選手だったと思われます。
 
 
 
実際の試合は、↓↓


 
 
 
 
1Rから確実にパンチをヒットさせていた未来選手が、2Rにハイキックを被弾させ、そのまま流れ込むようにパウンド。
 
あっさりとKO勝ちしました。
 
まあ貫録勝ちですよね。未来選手のテクニカルな試合運びを堪能出来て、とても面白かったです☆
 
 
 
 
 
 
 

長州とヒクソンもし闘わば、、

長州の引退後、試合はもちろん様々な記事が各メディアで公開されていました。
 
で、管理人がとくに興味深かったのが、長州×ヒクソンがもし実現していたら、、という記事です。これは前田さんがインタビューで、船木さんが自身のyoutubeチャンネルで解答してましたね。
 
 
思い起こせば2000年、船木ヒクソンが終わったころの時期だったでしょうか。次にヒクソンと戦うのは誰か、このテーマが格闘技界でかなり話題となっていました。
 
そこで名前が挙がったのが、小川直也、桜庭和志、田村潔司、そして長州力だったんです。
 
もともと小川や桜庭、田村は、格闘技系のレスラーでしたので、早くからその名前は出ていましたが、純プロレスラーの長州が対ヒクソンというのはかなり意外でした。これは確かファンの間でというより、新日がその準備があるみたいな発言があったのではなかったかと記憶しています。
 
 
で、いざ長州とヒクソンが戦ったらどうなるか、自分なりにシミュレートしてみると、おそらくヒクソンが長州からテイクダウンを奪うのはかなり難しいと思われます。やはり長州のアマレススキルは物凄いものがありますし、あとは体重差ですね。
 
逆に差し合いで長州がテイクダウンに成功し、ヒクソンがガード、長州が上になったらどうなっていたかというと、これはやはり極めの部分でヒクソンが優位だったのではないかと思います。
 
 
 
 
 
 

10.9対抗戦前夜の長州・永田×安生・中野戦

長州が引退してから、彼の試合をいくつか見てるのですが、やっぱりリアルタイムで見た試合が比較的印象も引き寄せも強いですね。
 
例えばかの有名な10.9、Uインターとの対抗戦。
 
これは安生戦が有名ですが、じつはその対抗戦の前に、長州は永田と組んで、安生、中野組と対戦してるんですね。場所は横浜アリーナ。
 
新日本とUインターが初めて激突したのがこの試合です。
 
 
試合序盤はタッグパートナーの永田はまだ若かったこともあり、ガチでアグレッシブ。安生と宮戸もわりとキツめな打撃を容赦なくたたき込んでいました。
 
一方長州は、一段上からその光景を眺めているというか(笑)。いくら安生がガンガン来ても「まあさばいてやるよ。受け止めてやるよ」的な(笑)
 
この余裕は凄かったですね。おそらく推察するに、この10年前くらいに、前田や高田のもっと重いキックを受けまくっていた時期がありまず。長州はこの時に対UWF勢は一通り経験してますから、そういったプロセスを経ての自信だったのではと思うのです。
 
 
以上、本日は長州・永田×安生・宮戸について書いてみました。
 
 
 
 
 

前田×ウィリー PART2

選手、そして会場の熱は、試合中はもちろんですが、試合前の入場でもわかります。
 
期待感による盛り上がりが凄いんですよね。
 
前田×ウィリーでも、ウィリーが入場してきたときや前田コールなどはそれはそれはすさまじいものがありました。
 
そして試合前、両者がリング上で向かい合った瞬間、試合前の熱はピークに達します。解説でも話してましたが、この二人が向かい合ってるのが信じられないというか、いやでもこれは現実なんだという壮大なギャップ!ガチでタマらないものがありましたね。
 
 
前田といえば長州との軋轢やUWFの解散など、決して順風満帆ではないプロセスがありましたが、でもやっぱりリアルヒーローというか、このウィリー戦のように周囲を引き込む存在感はやはり凄いものがあります。
 
 
そしていよいよゴングが鳴りました、、
 
 
PART3に続く、、

武居由樹、、正直ここまで強いとは、、

先日、6月30日、K-1の両国大会を見ました。
 
注目はやはり武居由樹。武居の躍進にどのように他の選手が挑んでいくか、はたまたぶっちぎりで優勝してしまうのか。
 
つまるところ今の武居由樹はどれだけ強いのか。
 
ここをしっかり確認してみたかったんですよね。
 
 
で、蓋を開ければ、予想をはるかに超えた強さ。オフェンスもディフェンスも、ほぼすべてが完璧でした。
 
 
正直ここまで強いと、運営側は次の対戦相手探すのに大変ですよね。
 
実際武居選手は今のところは階級をすぐに変えるつもりはないらしいので、しばらくは現在の階級での試合ということになりますが、やはりゆくゆくは武尊戦、、見てみたいですね。
 
 
 
 

長州力が引退しました。

長州力が引退しました。
 
長州といえばいわずもがな日本プロレス界におけるトップレスラーのひとり。それこそプロレスの象徴のような選手ですので、やはり引退となると寂しいものです。
 
ただ長州もすでに67歳。現実的にあの迫力満点のリキラリアートがいつまで打てるかわかりません。一昨日、真壁に渾身のラリアートを放ってましたが、強い長州のままリングを降りる。これも長州らしいかなとも思います。
 
そもそもレスラーとして決して大きくない体で、最後まで強さというイメージを、微塵も崩さずに保ち続けた。これは本当に凄まじいと思います。
 
ネットを見ていたらで「超人という言葉がありますが、長州はまさにガチで超人だったと思います。」と書かれている記事を目にしましたが、まさにその通りですね。
 
引退後は芸能活動や後進の育成でしょうか。今後の長州の活躍も楽しみです☆
 
 
 

エメリヤエンコ・ヒョードル

エメリヤエンコ・ヒョードル。格闘技ファンなら誰でもその名は知っていることと思います。
 
初来日は確か2000年。リングスのバトルジェネシスという後楽園の大会でした。
 
当時リングスでロシアの選手といえば、そのほとんどがサンボの使い手。そのためヒョードルもどちらかといえば、組み技、寝技系、いまでいうグラップラーと思われていました。
 
ところがそのヒョードル。デビュー戦の決まり手はKO。打撃で倒してしまったんです。ほぼほぼ秒殺でした。
 
で、次戦はKOKトーナメントで、ヒカルド・アローナと対戦します。このアローナ戦では多くの下馬評を覆し、見事判定勝利。アローナのグラップリングにも見事対応し、つまり、打撃もできるし寝技もできるという評価をも勝ち取ります。
 
それ以降は怒涛の快進撃。60億分の1、世界最強の男の称号を得るに至りました。
 
 
自分もヒョードルの試合を生で何度か見たことありますが、いずれも圧巻の強さというか、そつがなく、かつ強烈な存在感はやはりガチで凄かったです。
 
 
そして2019年現在、何度か敗北もありましたが、まだ本人は現役を続行する意思があるようです。あと何回ヒョードルの試合を見れるかわかりませんが、最後まで応援していきたいですね。
 
 
 
 

猪木の肉体

今日はCSのテレ朝チャンネル2で、昔の新日本の試合を見ました。
 
時期的には1988年、猪木の試合が多く収録されていました。
 
 
で、ふと気づいたのですが、猪木、すごいグッドシェイプなんです。全く腹が出てないですし、今でいうプロレスラーというより、総合格闘家の肉体に近いですね。
 
このあたりで猪木はおそらく40代半ばだと思いますが、代謝は若いころに比べて落ちてるでしょうし、この年齢であの身体は凄いです。
 
自分も徐々にあの頃の猪木さんの年齢に近づいているので、そろそろ真面目に筋トレしようかなと思いましたね。