前田日明×ウィリー・ウィリアムス

この間、伝説の空手家、クマ殺しの異名を持つ、ウィリー・ウィリアムスさんの訃報を耳にしました。
 
世間的には、アントニオ猪木×ウィリー・ウィリアムスが有名ですので、ほとんどのサイトがこの試合を掲載していましたが、
 
自分的には圧倒的に前田日明×ウィリー・ウィリアムスなんですよね。
 
当時、1992年、前田日明率いるリングスは、ヴォルク・ハンにディック・フライ、クリス・ドールマンなど、世界各国から魅力あふれる選手たちが集合し、これまた魅力的なマッチメイクを展開していました。
 
そしてリングス92年、盛り上がりの真っ只中に大阪で組まれたのが、前田日明×ウィリー・ウィリアムスでした。
 
 
じつはこの試合の前に、セミファイナルでヴォルク・ハン×アンドレィ・コピィロフという至極のグラップリングマッチが行われ、会場は大爆発!!
 
この盛り上がりの流れを汲んで前田×ウィリーですので、会場はガチで出来上がってました。
 
 
 
PART2に続く、、

武尊と亀田興毅のスパーリング凄すぎィィ!!!

6月22日の那須川天心×亀田興毅を非常に楽しみにしているのですが、今日、意外な動画を発見しました。
 
 
なんと武尊と亀田興毅のガチスパーリング!!
 
 
↓  ↓
 

 
 
これ去年(2018年)の4月に放送されたものらしいんですが、何でこの時気付かなかったんだろうと我ながらちょっと不思議。
 
ただ天心戦前、そして相手がK-1王者の武尊ということもあり、管理人食い入るように見てしまいましたw
 
 
序盤から亀田のスピードとキレが目立ちます。さすが元世界王者ですが、ただチャンピオンだったとしても相当前ですし、2018年にこの動きができるってやっぱり凄いですね。
 
 
とくに3ラウンド目の終盤の打ち合いは燃えますね☆
 
 
セコンドで武居くんが礼儀正しく観戦してましたが、武居×亀田も見てみたいです。
 
 
天心×亀田もさらに楽しみになりました☆
 
 
 

前田日明×小橋建太がFortuneDream6で!!

先日、小橋建太のプロレス興行であるFortuneDream6を日テレG+で視聴しました。
 
最近滅多にプロレスを見なくなってしまった自分ですが、目当ては前田日明(RINGS)の登場。小橋との対談が企画されており、以前から要チェックしてました。
 
そもそも新日本出身の前田日明。その後UWF、リングスと、彼の辿った格闘技のプロセスは、小橋の全日本、つまり純プロレスとは真逆の過程を辿ります。
 
そのため全日本とリングスは、興行的にもスタイルへの概念としてもこれまで全くクロスすることがありませんでした。そして団体がそうなら各レスラーとしても交わることはありません。
 
実際小橋も約30年マット界にいて、前田とは昨年初めて会ったと告白しています。
 
 
その二人が初めて同じマットに立つわけです。
 
 
何を語るかはもちろん、このシチュエーションだけでリュウは興奮してしまいました。
 
 
トークショーは、前田の文学の話、格闘技のプロモートの話、お互いの子供の話、スタン・ハンセンに二人ともターゲットにされやすかったwなど、一気に予定時間の20分が経過してしまいました。
 
 
正直二人の会話をもっと聞いてみたかったです。
 
 
例えばKAMINOGEとか、どこかで対談を企画してくれないですかね。